営業時間・定休日
営業時間

09:30~19:00

 
定休日

火曜日

 
電話番号

025-284-9698

 
 
住所

〒950-0943

新潟市中央区女池神明2-8-10

スタッフブログ

   
2015/06/13  ショールームダイアリー 
前に進むには・・・・・
 

 

 皆様こんにちは。  サービスフロントの遠藤です。

 

 

最近借りて見た映画のお話です。

 

 

 

インターステラ―というSF映画です。監督はクリストファーノーラン。

 

 

 

その劇中、クライマックス間近で主演のマシュー・マコノヒーが、

 

 

燃料の限られた宇宙船でブラックホールの重力を振り切る時に、

 

 

あるセリフを渋く呟きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「前に進むには、後ろに何かを置いていかなければならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早い話が作用・反作用の事です。

 

 

誰でも知っている簡単な物理の法則です。

 

 

が、私はこのセリフに痺れてしまいました。

 

 

自分の人生に思わず重ねてしまいました。

 

 

前に進まなければいけないのに、いつまでもウダウダウダウダと

 

 

その場で足踏みを続ける私の背中に

 

 

ドロップキックをぶちかます、キョーレツなセリフでした。

 

 

 

そうだ、前に進まなくては。現状維持にオサラバしなくては。

 

 

 

 

まずは置いてく物を決めなくては。

 

 

 

足りないオツムで考えました。

 

 

 

 

 

これを泣く泣く後ろに置いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルクラム レーシング3

 

 

 

自転車のホイールです。

 

 

 

 

自分にはもったいないくらいのいいホイールでした。

 

 

 

 

でも、前に進むにはしょうがありません。置いていきます。

 

 

 

 

これを後ろに置いて前進するという事は、

 

 

 

もっといいホイールを買っていいという事になる気がします。

 

 

 

 

 

たぶん。

 

 

 

 

 

 

いや、きっとそうです。間違いありません。

 

 

 

 

私の中で、新しいホイールを買っていい完璧なロジックができあがりました。

 

 

 

 

 

わーいわーい。

 

 

 

 

 

新しい真っ黒いホイール。

 

 

 

 

 

我が家にやってきたら報告します。

 

 

 

 

 

さようなら。

 

 

 

 

 

 

 

 
   
2015/06/13  ショールームダイアリー  総務 金子孝将
ランニング
金子孝将 / カネコ タカマサ
[総務]
 

総務部兼営業部の金子です。

 

 

通勤の時、私は毎日海沿いを通って出勤するのですが、

 

 

土日になると走っている人がいっぱいいます。

 

 

スタッフの中にもちらほらいます。

 

 

休日に子供とたまに公園に行くことがあるのですが、

 

 

その時ボールを持っていくことがあります。

 

 

いきがってリフティングをしてみます。

 

 

続きません・・・。

 

 

ボールコントロール云々ではなく、足が上がりません。

 

 

完全に運動不足。

 

 

で、スタッフ同士での会話や、走っている人を見て、「自分も!!」

 

 

とは、全く思いません。

 

 

皆無です。

 

 

でも何かしたいっす。

 

 

どなたかフットサルでもサッカーでも誘ってください。

 
   
2015/06/13  ショールームダイアリー  セールス 田辺良也
デュアルなロジックでデュアロジックなのです。
田辺良也 / タナベ リョウヤ
[セールス]
 

先日、初回点検とナビゲーションの取り付けでお預かりしたFIATです。

 

 

まだお納めさせていただいて 間もない車ですが

 

キレイで内装も可愛らしく

 

大切にお乗り下さっているんだなぁ、とわかります。

 

 

こんなに 愛おしく思えるFIATは 初めてかもしれません・・・

もちろん フロントにも若葉のマークが!

 

 

 

私見にはなりますが・・・

 

FIATのデュアロジックは

 

これから自動車の運転を始める方には

 

丁度いい教材かと思っております。

 

 

最近ではアクティブセーフティーやドライブサポートを目的とした

 

最新技術が搭載された車も少なくありません。

 

快適性、利便性、安全性など、最終的には安心して運転ができる事は

 

とても大きなメリットだと思います。

 

 

 

そして話しは戻りますが

 

車に乗せられる、というのは極端な言い方かもしれませんが

 

やはり車は 自分で乗ってこそ運転の楽しみを味わえるものです。

 

アクセルを踏む ハンドルを切る ブレーキを踏む

 

方向指示器を出す ライトを点ける

 

すべてドライバーの意思です。

 

加速も減速も 自分で最適なギアを選んで車を走らせる!

 

車の運転って コレだよねッ! と言う感覚を

 

簡単に味わえるのがFIATです。

左足でクラッチペダルを踏む という動作を不要にした

 

簡単なマニュアルトランスミッションなので

 

積極的にシフトシフト操作をしてみて下さいね!

 

高速、バイパスでの合流時の加速

 

ワインディングでのスムーズな走り

 

また ブレーキペダルを踏んで減速するのはもちろんなのですが

 

しっかりとエンジンブレーキも併用しましょう!

    (それだけでもブレーキパッドの減り具合は変わってくるかと思います。)

 

 

皆様 ぜひ!

 

車の運転って コレだよねッ! っていう感覚を

 

FIATで味わってみて下さいね。

 

 

                 自分・・・ 古い人間ですので・・・  

                       (高倉健の言い方で・・・)タナヴェッキオ

 

 

 

 

 
   
2015/06/13  ショールームダイアリー  セールス 鈴木 愛理
こんばんは!
鈴木 愛理 / スズキ
[セールス]
 

 

スタッフブログをご覧の皆様、こんばんは!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

金曜日にお休みをいただきまして、友人とドライブにいってまいりました!

 

車で走行していると500をとても多く目にしました!

 

気にかけて走っているとそれからも多く目にし、

 

見つけたときは可愛く、そして目立って見えました!

 

只今、FIATはキャンペーンを開催中です!

 

ぜひショールームにお越しください!お待ちしております!

 

 

 
2015年06月(59件)
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ページ上部に戻る